詩あわせ絵師 武田暢博 替え歌 恋⇒お茶


im詩あわせ絵師 武田暢博 替え歌 恋⇒お茶

im詩あわせ絵師 武田暢博 替え歌 恋⇒お茶

おはようございます。

歌ってみて下さった方おららえますか?

今回も替え歌シリーズを紹介いたします。

どうぞ、カラオケで歌ってみてくださいませ。

パート13までありますよ

替え歌パート7
松山千春

恋 替え歌 お茶

愛することに疲れたみたい   お酒飲むことに疲れたみたい
嫌いになったわけじゃない   体が受け付けなくなったから
部屋の明かりはつけておくわ     机の整理し始めようかしら
カギはいつものゲタ箱の中   急須はいつもの引出しの中

きっと貴方はいつものことと   きっと貴方は思っていたでしょう
笑いとばすにちがいない   わたしにおいしいお茶なんて
だけど今度は本気みたい   淹れられないと思ったはず
貴方の顔もちらつかないわ   お茶でも飲んでまぎらわすわ

男はいつも待たせるだけで   貴方はいつも「おい」お茶といい
女はいつも待ちくたびれて   私はいつもそっと淹れるだけで
それでもいいとなぐさめていた    それがお酒よりいいものだと
それでも恋は恋       それでもお茶が好き

多分貴方はいつもの店で   多分貴方はいつもの店で
酒を飲んでくだをまいて    コーヒー飲んでお茶べりして
洗濯物は机の上に     癒やし効果でゆったりと
短い手紙そえておくわ    おいしいお菓子そえておくわ

今度生まれてくるとしたなら   今度会える時がくるとしたら
やっぱり女で生まれてみたい   少しは上手くお茶を淹れてみたい
だけど二度とヘマはしない    だけど二度と苦いお茶は
貴方になんかつまずかないわ   貴方になんか飲ませたくないわ

*男はいつも待たせるだけで   *貴方はいつも「おい」お茶といい
女はいつも待ちくたびれて     私はいつもそっと淹れるだけで
それでもいいとなぐさめていた    それがいつもの習わしだと
それでも恋は恋*        それでも茶が好き*

(*くりかえし) (*くりかえし)

それでも恋は恋    それでもお茶が好き

詩あわせ絵師 武田暢博 ブログ http://takeda-13.com/blog/

武田暢博の著書「思いのかたち」