詩あわせ絵師 武田暢博 ひよどり


餌がないのか

山には

詩あわせ絵師 武田暢博 ひよどり

詩あわせ絵師 武田暢博 ひよどり

ふもとに下りて餌求め

与えるものがあって良かったなあ。

ひもじい思いは誰もしたくない

ましてや自然に見捨てられたら最後だ

みかんの時期又降りて来い

枝にさしてあげるよ。

さあ、ゆっくりついばめ。

さあ、休みだ、ゆっくり休めよ。憩えよ。

武田暢博の著書「思いのかたち」